Twitter始めました♪更新情報をÜPします♪
★カテゴリ別★
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
16位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア音楽
3位
アクセスランキングを見る>>

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1375' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
1044

화 (火/Fire) (Feat. 진실 of Mad Soul Child) / Mad Clown(매드 클라운) ー歌詞和訳ー

★ 화 (火/Fire) ★(Feat. 진실 of Mad Soul Child)Song By:Mad Clown(매드 클라운)作詞:Mad Clown, 김이나, Elapse作曲:김도훈, 서용배編曲:김도훈, 서용배, Elapse3rd Mini Album【Piece of mine】2015.01.09MV出演・・・ハニ(EXID)Trouble Trouble Our destinyぬが と あぱ ぬが と さらんへ누가 더 아파 누가 더 사랑해誰よりつらい? 誰より愛してる?ねげ みちん のル ぽご いっすみょん내게 미친 널 보고 있으면私に対して狂う... ★ 화 (火/Fire) ★<br />(Feat. 진실 of Mad Soul Child)<br /><br /><br />Song By:Mad Clown(매드 클라운)<br /><br /><br />作詞:Mad Clown, 김이나, Elapse<br />作曲:김도훈, 서용배<br />編曲:김도훈, 서용배, Elapse<br /><br /><br />3rd Mini Album<br />【Piece of mine】2015.01.09<br /><br /><br /><a href="http://ayuttin.blog.fc2.com/img/fc2_2015-02-02_21-32-06-606.jpg/"><img src="https://blog-imgs-71-origin.fc2.com/a/y/u/ayuttin/fc2_2015-02-02_21-32-06-606.jpg" border="0" /></a><br /><br /><br /><iframe width="300" height="220" src="https://www.youtube.com/embed/hfEf6NFS81E" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><br />MV出演・・・ハニ(EXID)<br /><br /><br /><br /><br /><br />Trouble Trouble Our destiny<br /><br />ぬが と あぱ ぬが と さらんへ<br />누가 더 아파 누가 더 사랑해<br />誰よりつらい? 誰より愛してる?<br /><br />ねげ みちん のル ぽご いっすみょん<br />내게 미친 널 보고 있으면<br />私に対して狂うあなたをみていると<br /><br />なん うっち いろっけ うっち<br />난 웃지 이렇게 웃지<br />私は笑うでしょう こんなふうに笑うのよ<br /><br /><br /><br />とぅろば uh<br />들어봐 uh<br />聞いて uh<br /><br />ばろ おじぇ さmにょんにゃkじょんはん へんどぅふぉん<br />바로 어제 3년약정한 핸드폰 <br />まさに昨日 3年契約した携帯<br /><br />ちょんしんちゃりに ぱkさル ないっこ<br />정신차리니 박살 나있고<br />気づくとぶっ壊れてる<br /><br />ぱだげん はルぶ あん っくんなん もにと<br />바닥엔 할부 안 끝난 모니터 <br />まだ分割の終わってないモニター<br /><br />ぬなぺ のん けそk あkっすご いっこ uh<br />눈앞에 넌 계속 악쓰고 있고 uh<br />目の前で君はわめき散らしてる uh<br /><br />ちぇんじゃん むぉ たpど おpち<br />젠장 뭐 답도 없지 <br />ちくしょう 返事もない<br /><br />ねが のル みルちみょん にが なル みルちょ<br />내가 널 밀치면 니가 날 밀쳐<br />俺が君を突き飛ばせば 君が俺を突き飛ばす<br /><br />そろ っしkっしkこりみょんそ とろpけ ちルちょぎぬんで<br />서로 씩씩거리면서 더럽게 질척이는데 <br />お互いに息を荒げながら ドロ沼状態なのに<br /><br />な わんじょん みちょ<br />나 완전 미쳐<br />俺 完全に狂ったよ<br /><br />へおじご しぷん ぬんちんで なル しきじ まルご<br />헤어지고 싶은 눈친데 날 시키지 말고 <br />別れたそうなのに 俺に仕向けるんじゃなくて<br /><br />にが ちkちょp まらしどんが<br />니가 직접 말하시던가<br />君が直接切り出すだろうか<br /><br />おっちどぇっとぅん なっぷん っょk とぇぎ しルた いごんで<br />어찌됐든 나쁜 쪽 되기 싫다 이건데 <br />どうだろうが悪い側になるのは御免ってわけだな<br /><br />あらそ くろm っこじしどんが<br />알아서 그럼 꺼지시던가<br />分かった上で消えるんだろうか<br /><br />お くれ ちゃルが ちゃル ちね<br />어 그래 잘가 잘 지내<br />あぁそうかじゃあな 元気でな<br /><br />にが おでぃ おっとっけ ちゃルさな とぅごぼルごんで な<br />니가 어디 어떻게 잘사나 두고볼건데 나<br />君がどこでどう生きるか見モノだな<br /><br />のル のむ さらんへそ ったk はんまでぃまん <br />널 너무 사랑해서 딱 한마디만 할게 <br />君を愛してるから ただ一言だけ言うよ<br /><br />のらん っこk っとっかとぅん さらm まんな<br />너랑 꼭 똑같은 사람 만나 <br />「お前に似た人と出会うんだな」<br /><br />っすれぎ せっきゃ<br />쓰레기 새꺄<br />ゴミ野郎<br /><br /><br />Trouble Trouble Our destiny<br /><br />ぬが と あぱ ぬが と さらんへ<br />누가 더 아파 누가 더 사랑해<br />誰よりつらい? 誰より愛してる?<br /><br />ねげ みちん のル ぽご いっすみょん<br />내게 미친 널 보고 있으면<br />私に対して狂うあなたをみていると<br /><br />なん うっち いろっけ うっち<br />난 웃지 이렇게 웃지<br />私は笑うでしょう こんなふうに笑うのよ<br /><br />LaLiLaLaLa LaLiLaLaLa<br /><br /><br />ねが みちん ごんじ にが みちん ごんじ<br />내가 미친 건지 니가 미친 건지 <br />俺が狂ってるのか 君がイカレてるのか<br /><br />みちん のるル もっとなん ねが みちん ごじ<br />미친 너를 못 떠난 내가 미친 거지<br />イカレた君から離れられない俺がイカレてる<br /><br />LaLiLaLaLa LaLiLaLaLa<br /><br />なル のっちま なル かっちま<br />날 놓지마 날 갖지마<br />私を離しちゃ駄目よ 私を捕まえてちゃ駄目よ<br /><br /><br /><br />さらんへっとん ごん ちんしm のん ね まめ びょル<br />사랑했던 건 진심 넌 내 맘에 별 <br />愛してたのは本心 君は俺の心の星<br /><br />くんで びょるん びょりんで そうれ びょル<br />근데 별은 별인데 서울에 별<br />だけど星は星でもソウルの星<br /><br />ぱmまん どぇみょん あじゅ くにゃん ぼいじル あの<br />밤만 되면 아주 그냥 보이질 않어 <br />夜になると 見えやしない<br /><br />ね そkたそ くにゃん ぼいじル あの<br />내 속타서 그냥 보이질 않어<br />苛立って ただ見えない<br /><br />ぱんっちゃk ぴょルりm おでぃル かしょんな<br />반짝 별님 어딜 가셨나 <br />きらめくお星様 何処へ行ったのさ<br /><br />ったん そげ っこじょんな へっとに ちんっちゃ ったん そぎで<br />땅 속에 꺼졌나 했더니 진짜 땅 속이데<br />土の中にでも消えたの?って言ってたらホントに土の中だったよ<br /><br />ちゃm しんみょんなぼよ くルろべそ<br />참 신명나보여 클럽에서 <br />すごく上機嫌そうだね クラブで<br /><br />あじゅ くにゃん ふんえ きょうぉ ぽんっちょkぽんっちょk ぴんなで<br />아주 그냥 흥에 겨워 번쩍번쩍 빛나데<br />ただ浮かれて ピカピカ光ってた<br /><br />にが むぉ くり ちゃルらっそ<br />니가 뭐 그리 잘났어 <br />君の何がそんなに偉いわけ?<br /><br />なル かmじょんい おmぬん さらm ちゅぃぐぱご<br />날 감정이 없는 사람 취급하고<br />俺を感情もない人間扱いして<br /><br />っと くげ たんよなだぬん どぅっ くろ huh<br />또 그게 당연하다는 듯 굴어 huh <br />それが当然と言わんばかりに振舞う huh<br /><br />のん あルぎん はルっか など さらみらんごル<br />넌 알긴 할까 나도 사람이란걸<br />知ってるか?俺だって人間だってことを<br /><br />っちるみょん あぱ かんじろぴみょん うそ<br />찌르면 아파 간지럽히면 웃어 <br />刺されれば痛い くすぐられれば笑う<br /><br />ふぁるル ねル じゅルど あルご すルぷみのん うろ<br />화를 낼 줄도 알고 슬프면 울어<br />怒りだっておぼえるし 悲しければ泣く<br /><br />よっきょっそ ちんしm とろpけ よっきょっそ<br />엮였어 진심 더럽게 엮였어 <br />絡まった本心 汚く絡まった<br /><br />たび いっすル り いんな おpち<br />답이 있을 리 있나 없지<br />答えがあるはずもないだろう<br /><br /><br />Trouble Trouble Our destiny<br /><br />ぬが と あぱ ぬが と さらんへ<br />누가 더 아파 누가 더 사랑해<br />誰よりつらい? 誰より愛してる?<br /><br />ねげ みちん のル ぽご いっすみょん<br />내게 미친 널 보고 있으면<br />私に対して狂うあなたをみていると<br /><br />なん うっち いろっけ うっち<br />난 웃지 이렇게 웃지<br />私は笑うでしょう こんなふうに笑うのよ<br /><br /><br /><br />のん まんがじルすろk と ねが ぴりょへ<br />넌 망가질수록 더 내가 필요해<br />あなたは壊れるほどに私が必要なのよ<br /><br />に そぐル へご っと へご っと へど<br />니 속을 헤고 또 헤고 또 해도 <br />君の心を泳いでも泳いでも<br /><br />のル ちんっちゃ もるげっそ もてもっけったご<br />널 진짜 모르겠어 못해먹겠다고<br />君の本当がわからない やってられないよ<br /><br />のん なえ ぎょてそ かじゃん へんぼけ<br />넌 나의 곁에서 가장 행복해 <br />あなたは私のそばが一番幸せなのよ<br /><br />うぇろうmぼだ くぇろうむル てけ<br />외로움보단 괴로움을 택해<br />孤独より 辛さを選ぶのよ<br /><br /><br />きょっくル まんくm きょっこっそ なん とぬん ぼル いろpそ<br />겪을 만큼 겪었어 난 더는 볼 일없어 <br />経験し尽くしたよ 俺はこれ以上 用はない<br /><br />のわ な さい いろpそ<br />너와 나 사이? 일없어<br />君と俺の関係? 要らないさ<br /><br />まじまk く まル ふふぇはル てんで<br />마지막 그 말 후회할 텐데<br />最後のその言葉 きっと後悔するはずなのに<br /><br /><br />や とぇっこ ぽルじゃん た ばっこ のん くにゃん<br />야 됐고 볼장 다 봤고 넌 그냥 <br />おい,もういい 全ておしまいだ 君はただ<br /><br />もりっこkちぶと ぱルっくっかじ ちぇあk<br />머리꼭지부터 발끝까지 최악<br />頭のてっぺんからつま先まで最悪だ<br /><br />ぴょル がとぅん そりはご あんじゃんね ぷルっこ<br />별 같은 소리하고 앉았네 불꺼<br />星だなんてほざいて座ってる 灯りを消して<br /><br />くまん なん ちゃろ かルれ すご<br />그만 난 자러 갈래 수고<br />もう眠るんだ お疲れ<br /><br /><br />Hurt me Love me Our destiny<br /><br />まうmっこっ よけ はじまん かじま<br />마음껏 욕해 하지만 가지마<br />思う存分罵ってやるわ だけど行かないで<br /><br />Hurt me Love me But don't you say goodbye<br /><br />いろっけ びとぅルでじまん<br />이렇게 비틀대지만<br />こんなにフラついてるけど<br /><br />LaLiLaLaLa LaLiLaLaLa<br /><br />ね まルっくてん っと かルっくち<br />내 말끝엔 또 칼끝이<br />私の口先には刃先が<br /><br />LaLiLaLaLa LaLiLaLaLa<br /><br />に そんっくてん っと ぬんむり<br />니 손끝엔 또 눈물이<br />あなたの指先には涙が<br /><br /><br />ねが みちん ごんじ にが みちん ごんじ<br />내가 미친 건지 니가 미친 건지 <br />俺が狂ってるのか 君がイカレてるのか<br /><br />みちん のるル もっとなん ねが みちん ごじ<br />미친 너를 못 떠난 내가 미친 거지<br />イカレた君から離れられない俺がイカレてる<br /><br /><br /><br />
934

콩 (豆/Hide And Seek)(Feat. 주영) / Mad Clown(매드 클라운) ー歌詞和訳ー

★콩 (豆/Hide And Seek)★(Feat. 주영)Song By:Mad Clown(매드 클라운)作詞:매드클라운作曲:Ye-Yo!, 태완編曲:Ye-Yo!3rd Mini Album【Piece of mine】2015.01.09はるえ しじゃk하루의 시작 一日の始まりっと っかとぅん せんふぁれ ぱんぼk そげ똑 같은 생활의 반복 속에 同じ生活の繰り返しの中にっくんじルぎげ なル のっち あんきル끈질기게 날 놓지 않길しがみついて自分を見失わないようになん せさんいらん ぱぐに そk난 세... ★콩 (豆/Hide And Seek)★(Feat. 주영)<br /><br /><br />Song By:Mad Clown(매드 클라운)<br /><br /><br />作詞:매드클라운<br />作曲:Ye-Yo!, 태완<br />編曲:Ye-Yo!<br /><br /><br />3rd Mini Album<br />【Piece of mine】2015.01.09<br /><br /><br /><a href="http://ayuttin.blog.fc2.com/img/fc2_2015-02-02_21-32-06-606.jpg/"><img src="https://blog-imgs-71-origin.fc2.com/a/y/u/ayuttin/fc2_2015-02-02_21-32-06-606.jpg" border="0" /></a><br /><br /><br /><br /><br /><br />はるえ しじゃk<br />하루의 시작 <br />一日の始まり<br /><br />っと っかとぅん せんふぁれ ぱんぼk そげ<br />똑 같은 생활의 반복 속에 <br />同じ生活の繰り返しの中に<br /><br />っくんじルぎげ なル のっち あんきル<br />끈질기게 날 놓지 않길<br />しがみついて自分を見失わないように<br /><br />なん せさんいらん ぱぐに そk<br />난 세상이란 바구니 속 <br />俺は世界というカゴの中の<br /><br />ちゃぐん こん<br />작은 콩<br />小っこい豆<br /><br /><br />へんぼぎらん げ ね ちょんちゅね ぱんぐそk おでぃっちゅm すもったみょん<br />행복이란 게 내 청춘의 방구석 어디쯤 숨었다면<br />「幸せ」ってのが俺の青春の片隅のどっかに隠れてるなら<br /><br />なん っすれぎとん たkちゃ みっ しんばルじゃん あんっかじ <br />난 쓰레기통 탁자 밑 신발장 안까지 <br />俺はゴミ箱,机の下,下駄箱の中まで<br /><br />っさk た てぃじょっけっち<br />싹 다 뒤졌겠지<br />くまなく探すさ<br /><br />はじまん な ぱれっとん こっとぅル よぎ おmね<br />하지만 나 바랬던 것들 여기 없네<br />だけど俺の願ってたものはここにはないな<br /><br />ねげ へんぼぐん そむんまん むそんはル っぷん<br />내게 행복은 소문만 무성할 뿐 <br />俺にとっての幸せは 噂ばかりが生い茂るのみ<br /><br />もっきょkとぇん じょk おmね<br />목격된 적 없네<br />目撃したことはない<br /><br />そkっすりん あちm<br />속쓰린 아침 <br />胸焼けする朝<br /><br />たし ぱpくぁ まじゅへっこ<br />다시 밥과 마주했고<br />またご飯と向き合い<br /><br />いごル ぽルぎ うぃへ いごル っと さmきご<br />이걸 벌기 위해 이걸 또 삼키고 <br />こいつ(飯)を稼ぐためにこいつ(飯)を飲み込んで<br /><br />なん ながや どぇ<br />난 나가야 돼<br />俺は出掛けなきゃならない<br /><br />さルみらん ごん おっちょみょん<br />삶이란 건 어쩌면 <br />人生ってのはもしかすると<br /><br />あっぱえ くどぅっぱル かとぅんごんがば<br />아빠의 구둣발 같은건가봐<br />親父の靴みたいなものなのかもしれない<br /><br />っくにもpし ぱだっくぁ ぷでぃちょ たルこ<br />끊임없이 바닥과 부딪혀 닳고 <br />絶え間なく床とぶつかってすり減って<br /><br />あぷんごんがば<br />아픈건가봐<br />痛そうだな<br /><br /><br />へんぼぎらんげ まち すmばっこkちルぐぁ かとぅん ごらみょん<br />행복이란게 마치 숨바꼭질과 같은 거라면<br />幸せなんてのが まるで鬼ごっこと一緒だと<br /><br />なん もどぅん ぎル もとぅんい もどぅん こルもk くそっかじ<br />난 모든 길 모퉁이 모든 골목 구석까지 <br />俺はあらゆる曲がり角,路地裏の一角まで<br /><br />みちん どぅっ てぃじょっけっち<br />미친 듯 뒤졌겠지<br />狂ったように探したさ<br /><br />もどぅが もるげったん ぴょじょんうろ なル ぴうすルって<br />모두가 모르겠단 표정으로 날 비웃을 때<br />皆が知らないさっていう表情で俺をあざ笑うとき<br /><br />たぶル ちゃじゃったごな たび ぼいん げ あにゃ<br />답을 찾았다거나 답이 보인 게 아냐 <br />答えを見つけてるわけでも 答えが見えてるわけでもなく<br /><br />なん くにゃん みどんね<br />난 그냥 믿었네<br />俺はただ信じたよ<br /><br />いちょんしびルりょん いびルうぉル<br />2011년 11월 <br />2011年11月<br /><br />なん ぽじゃぎえ っすぇうぉじん ちょ ちゃぐん こん<br />난 보자기에 씌워진 저 작은 콩<br />俺は殻に包まれたあの小っこい豆<br /><br />っかまん びにるぼんじえ っさいん ちょ うぃが<br />까만 비닐봉지에 싸인 저 위가 <br />黒いビニール袋に包まれたあの上が<br /><br />ね はぬりルり おqた みどっこ<br />내 하늘일리 없다 믿었고<br />俺の空であるはずがないと信じ<br /><br />ぱんぼkとぇん いルさん ぴょんぼまむん ちぇ あににっか<br />반복된 일상 평범함은 죄 아니니까<br />繰り返される日常 平凡さは罪じゃないから<br /><br />なん うんくりん ちぇ すっちゃるル せ<br />난 웅크린 채 숫자를 세<br />俺はうずくまったまま 数を数える<br /><br />あじぐん はんちゃm ぱみにっか<br />아직은 한참 밤이니까<br />まだしばらくの間は夜だから<br /><br /><br />すむりルごべ ぐ ぱm<br />스물일곱의 그 밤 <br />27歳の あの夜<br /><br />むじゃkちょん ころっとん くなル ぱm<br />무작정 걸었던 그날 밤<br />むやみに歩いていたあの日の夜<br /><br />かろどぅんあれ うどぅこに そ<br />가로등아래 우두커니 서 <br />街灯の下 ぼんやり立ち尽くす<br /><br />なん おでぃろ かルじど もるん ちぇ<br />난 어디로 갈지도 모른 채<br />俺は何処へ行っていいかもわからぬまま<br /><br />すむりルごべ ぐ ぱm<br />스물일곱의 그 밤 <br />27歳の あの夜<br /><br />ね もすび ちょらへ<br />내 모습이 초라해<br />自分の姿がダサい<br /><br />ぬぬル っとぅみょん っこk ちゃぴル ごっかた<br />눈을 뜨면 꼭 잡힐 것 같아<br />目を閉じると掴める気がした<br /><br />あどぅかん く しじょル くなル ぱm<br />아득한 그 시절 그날 밤<br />遥か遠いあの頃 あの日の夜<br /><br /><br /><br />へ っとぅみょん おじぇ がとぅん おぬるル<br />해 뜨면 어제 같은 오늘을 <br />太陽が昇れば 昨日のような今日を<br /><br />っとはんぼん な さらがげっち<br />또한번 나 살아가겠지<br />もう一度俺は生きるだろう<br /><br />ぷmびぬん ちはちょル っとっかとぅん ぱルごるmどぅル<br />붐비는 지하철 똑같은 발걸음들 <br />混み合う地下鉄,同じような足取りに<br /><br />な ったらがげっち<br />나 따라가겠지<br />俺はついて行くだろう<br /><br />すルじゃん あp っくめ てはん いぇぎはル ってみょん<br />술잔 앞 꿈에 대한 얘기할 때면 <br />酒杯を前にして 夢について語るとき<br /><br />さしル ね もkそり っとっとたじ もてそ<br />사실 내 목소리 떳떳하지 못해서<br />実は俺 声を大にして胸張って言えなくて<br /><br />ぬぐんが ぬんちちぇルっか くぇんしり もkそりル のぴょっち<br />누군가 눈치챌까 괜시리 목소릴 높였지<br />誰かに気づかれるかと ワケもなく声を張りあげた<br /><br />いごすル ぽそなご しぽ<br />이곳을 벗어나고 싶어<br />この場所から抜け出したい<br /><br />なん ねが なろっそ さルご しぽ<br />난 내가 나로써 살고 싶어<br />俺は 俺が俺として生きたいんだ<br /><br />と ぴごぺじぎ じょね こmもっき じょね<br />더 비겁해지기 전에 겁먹기 전에 <br />卑怯な奴になる前に,怖気ずく前に<br /><br />いじぇん なだpこ しぽ<br />이젠 나답고 싶어<br />俺らしくありたい<br /><br />ちゃぐん こん もm そげぬん そろうmぐぁ<br />작은 콩 몸 속에는 서러움과 <br />小っこい豆の体内には悲しみと<br /><br />ぬんむル みょっ ぱうんうル<br />눈물 몇 방울<br />涙が数滴<br /><br />くりご く ぴんなぬん みどぅむル っくろあんこ<br />그리고 그 빛나는 믿음을 끌어안고 <br />そしてその輝く信頼を抱え込んで<br /><br />きょんでぃぬん じゅん い すまぬん ぱむル<br />견디는 중 이 수많은 밤을<br />耐えてる途中 この数え切れない程の夜を<br /><br /><br />なるル みんぬん ごっ っくむル きょんでぃぬん ごっ<br />나를 믿는 것 꿈을 견디는 것<br />自分を信じること 夢を耐えること<br /><br />ちぐめ ね ちょらはむん ちゃmし すちょがル っぷにらぬん ごっくぁ<br />지금의 내 초라함은 잠시 스쳐갈 뿐이라는 것과<br />今の自分のダサさは しばらくの間をかすめて行くだけだってことと<br /><br />おんじぇんが もりル とぅりみルご そさなル こんちょろm<br />언젠가 머릴 들이밀고 솟아날 콩처럼<br />いつか頭を突き破って出てくる豆のように<br /><br />っかまん ぽじゃぎ そk なん はのpし<br />까만 보자기 속 난 한없이 <br />黒い殻の中 俺はただひたすら<br /><br />と ちルぎょじご いっち<br />더 질겨지고 있지<br />もっと丈夫になるだろう<br /><br /><br />すむりルごべ ぐ ぱm<br />스물일곱의 그 밤 <br />27歳の あの夜<br /><br />むじゃkちょん ころっとん くなル ぱm<br />무작정 걸었던 그날 밤<br />むやみに歩いていたあの日の夜<br /><br />かろどぅんあれ うどぅこに そ<br />가로등아래 우두커니 서 <br />街灯の下 ぼんやり立ち尽くす<br /><br />なん おでぃろ かルじど もるん ちぇ<br />난 어디로 갈지도 모른 채<br />俺は何処へ行っていいかもわからぬまま<br /><br />すむりルごべ ぐ ぱm<br />스물일곱의 그 밤 <br />27歳の あの夜<br /><br />ね もすび ちょらへ<br />내 모습이 초라해<br />自分の姿がダサい<br /><br />ぬぬル っとぅみょん っこk ちゃぴル ごっかた<br />눈을 뜨면 꼭 잡힐 것 같아<br />目を閉じると掴める気がした<br /><br />あどぅかん く しじょル くなル ぱm<br />아득한 그 시절 그날 밤<br />遥か遠いあの頃 あの日の夜<br /><br /><br /><br />はる きょんでょ っと はる せさんえ ぱっちゃk やごるんちぇろ<br />하루 견뎌 또 하루 세상에 바짝 약오른채로<br />一日を堪えて また一日 世界に腹を立てたまま<br /><br />よんぎるル れぎん ひmどぅろっこ<br />용기를 내긴 힘들었고 <br />勇気を出すのは難しくて<br /><br />ぽぎらん まるん ちゃm しゅぃうぉっとん<br />포기란 말은 참 쉬웠던<br />諦めるなんて言葉は簡単だった<br /><br />なん すっちゃるル せじ っこっこk すもら もりからk ぼいルら<br />난 숫자를 세지 꼭꼭 숨어라 머리카락 보일라<br />俺は数を数える *「しっかり隠れなきゃ見つかるぞ」<br />*かくれんぼの時の歌<br /><br />おでぃろ のん すもっすルっか おでぃえ いっこん さんぐぁのpたご<br />어디로 넌 숨었을까 어디에 있건 상관없다고<br />君はどこに隠れてんのかな? どこにいようが関係ない<br /><br />ちゃ はな とぅル せっ ねっ たし たそっ ねっ せっ とぅル <br />자 하나 둘 셋 넷 다시 다섯 넷 셋 둘<br />さぁ 1つ 2つ 3つ 4つ また 5つ 4つ 3つ 2つ<br /><br />せさんうん なるル すルれら へ なん くれそ ぬん かりょっすル っぷん<br />세상은 나를 술래라 해 난 그래서 눈 가렸을 뿐<br />世の中は俺を鬼だと言う だから俺は目を隠す<br /><br />はんってぬん へっかルりん ちょkど いっちまん<br />한때는 헷갈린 적도 있지만 <br />あるときは混乱したこともあったけど<br /><br />なん いじぇ かルきル かね<br />난 이제 갈길 가네<br />俺はもう進むべき道を行く<br /><br />よルっかじ すっちゃるル せご ねいり どぇみょん<br />열까지 숫자를 세고 내일이 되면 <br />10まで数えて明日になれば<br /><br />なん と びんなね<br />난 더 빛나네<br />俺はさらに輝く<br /><br />なぬん と びんなね<br />나는 더 빛나네<br />俺はもっともっと輝く<br /><br /><br />すむりルごべ ぐ ぱm<br />스물일곱의 그 밤 <br />27歳の あの夜<br /><br />むじゃkちょん ころっとん くなル ぱm<br />무작정 걸었던 그날 밤<br />むやみに歩いていたあの日の夜<br /><br />かろどぅんあれ うどぅこに そ<br />가로등아래 우두커니 서 <br />街灯の下 ぼんやり立ち尽くす<br /><br />なん おでぃろ かルじど もるん ちぇ<br />난 어디로 갈지도 모른 채<br />俺は何処へ行っていいかもわからぬまま<br /><br />すむりルごべ ぐ ぱm<br />스물일곱의 그 밤 <br />27歳の あの夜<br /><br />ね もすび ちょらへ<br />내 모습이 초라해<br />自分の姿がダサい<br /><br />ぬぬル っとぅみょん っこk ちゃぴル ごっかた<br />눈을 뜨면 꼭 잡힐 것 같아<br />目を閉じると掴める気がした<br /><br />あどぅかん く しじょル くなル ぱm<br />아득한 그 시절 그날 밤<br />遥か遠いあの頃 あの日の夜<br /><br /><br />
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。