Twitter始めました♪更新情報をÜPします♪
FC2ブログ
★カテゴリ別★
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
37位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア音楽
3位
アクセスランキングを見る>>
934

콩 (豆/Hide And Seek)(Feat. 주영) / Mad Clown(매드 클라운) ー歌詞和訳ー

★콩 (豆/Hide And Seek)★(Feat. 주영)


Song By:Mad Clown(매드 클라운)


作詞:매드클라운
作曲:Ye-Yo!, 태완
編曲:Ye-Yo!


3rd Mini Album
【Piece of mine】2015.01.09








はるえ しじゃk
하루의 시작
一日の始まり

っと っかとぅん せんふぁれ ぱんぼk そげ
똑 같은 생활의 반복 속에
同じ生活の繰り返しの中に

っくんじルぎげ なル のっち あんきル
끈질기게 날 놓지 않길
しがみついて自分を見失わないように

なん せさんいらん ぱぐに そk
난 세상이란 바구니 속
俺は世界というカゴの中の

ちゃぐん こん
작은 콩
小っこい豆


へんぼぎらん げ ね ちょんちゅね ぱんぐそk おでぃっちゅm すもったみょん
행복이란 게 내 청춘의 방구석 어디쯤 숨었다면
「幸せ」ってのが俺の青春の片隅のどっかに隠れてるなら

なん っすれぎとん たkちゃ みっ しんばルじゃん あんっかじ
난 쓰레기통 탁자 밑 신발장 안까지
俺はゴミ箱,机の下,下駄箱の中まで

っさk た てぃじょっけっち
싹 다 뒤졌겠지
くまなく探すさ

はじまん な ぱれっとん こっとぅル よぎ おmね
하지만 나 바랬던 것들 여기 없네
だけど俺の願ってたものはここにはないな

ねげ へんぼぐん そむんまん むそんはル っぷん
내게 행복은 소문만 무성할 뿐
俺にとっての幸せは 噂ばかりが生い茂るのみ

もっきょkとぇん じょk おmね
목격된 적 없네
目撃したことはない

そkっすりん あちm
속쓰린 아침
胸焼けする朝

たし ぱpくぁ まじゅへっこ
다시 밥과 마주했고
またご飯と向き合い

いごル ぽルぎ うぃへ いごル っと さmきご
이걸 벌기 위해 이걸 또 삼키고
こいつ(飯)を稼ぐためにこいつ(飯)を飲み込んで

なん ながや どぇ
난 나가야 돼
俺は出掛けなきゃならない

さルみらん ごん おっちょみょん
삶이란 건 어쩌면
人生ってのはもしかすると

あっぱえ くどぅっぱル かとぅんごんがば
아빠의 구둣발 같은건가봐
親父の靴みたいなものなのかもしれない

っくにもpし ぱだっくぁ ぷでぃちょ たルこ
끊임없이 바닥과 부딪혀 닳고
絶え間なく床とぶつかってすり減って

あぷんごんがば
아픈건가봐
痛そうだな


へんぼぎらんげ まち すmばっこkちルぐぁ かとぅん ごらみょん
행복이란게 마치 숨바꼭질과 같은 거라면
幸せなんてのが まるで鬼ごっこと一緒だと

なん もどぅん ぎル もとぅんい もどぅん こルもk くそっかじ
난 모든 길 모퉁이 모든 골목 구석까지
俺はあらゆる曲がり角,路地裏の一角まで

みちん どぅっ てぃじょっけっち
미친 듯 뒤졌겠지
狂ったように探したさ

もどぅが もるげったん ぴょじょんうろ なル ぴうすルって
모두가 모르겠단 표정으로 날 비웃을 때
皆が知らないさっていう表情で俺をあざ笑うとき

たぶル ちゃじゃったごな たび ぼいん げ あにゃ
답을 찾았다거나 답이 보인 게 아냐
答えを見つけてるわけでも 答えが見えてるわけでもなく

なん くにゃん みどんね
난 그냥 믿었네
俺はただ信じたよ

いちょんしびルりょん いびルうぉル
2011년 11월
2011年11月

なん ぽじゃぎえ っすぇうぉじん ちょ ちゃぐん こん
난 보자기에 씌워진 저 작은 콩
俺は殻に包まれたあの小っこい豆

っかまん びにるぼんじえ っさいん ちょ うぃが
까만 비닐봉지에 싸인 저 위가
黒いビニール袋に包まれたあの上が

ね はぬりルり おqた みどっこ
내 하늘일리 없다 믿었고
俺の空であるはずがないと信じ

ぱんぼkとぇん いルさん ぴょんぼまむん ちぇ あににっか
반복된 일상 평범함은 죄 아니니까
繰り返される日常 平凡さは罪じゃないから

なん うんくりん ちぇ すっちゃるル せ
난 웅크린 채 숫자를 세
俺はうずくまったまま 数を数える

あじぐん はんちゃm ぱみにっか
아직은 한참 밤이니까
まだしばらくの間は夜だから


すむりルごべ ぐ ぱm
스물일곱의 그 밤
27歳の あの夜

むじゃkちょん ころっとん くなル ぱm
무작정 걸었던 그날 밤
むやみに歩いていたあの日の夜

かろどぅんあれ うどぅこに そ
가로등아래 우두커니 서
街灯の下 ぼんやり立ち尽くす

なん おでぃろ かルじど もるん ちぇ
난 어디로 갈지도 모른 채
俺は何処へ行っていいかもわからぬまま

すむりルごべ ぐ ぱm
스물일곱의 그 밤
27歳の あの夜

ね もすび ちょらへ
내 모습이 초라해
自分の姿がダサい

ぬぬル っとぅみょん っこk ちゃぴル ごっかた
눈을 뜨면 꼭 잡힐 것 같아
目を閉じると掴める気がした

あどぅかん く しじょル くなル ぱm
아득한 그 시절 그날 밤
遥か遠いあの頃 あの日の夜



へ っとぅみょん おじぇ がとぅん おぬるル
해 뜨면 어제 같은 오늘을
太陽が昇れば 昨日のような今日を

っとはんぼん な さらがげっち
또한번 나 살아가겠지
もう一度俺は生きるだろう

ぷmびぬん ちはちょル っとっかとぅん ぱルごるmどぅル
붐비는 지하철 똑같은 발걸음들
混み合う地下鉄,同じような足取りに

な ったらがげっち
나 따라가겠지
俺はついて行くだろう

すルじゃん あp っくめ てはん いぇぎはル ってみょん
술잔 앞 꿈에 대한 얘기할 때면
酒杯を前にして 夢について語るとき

さしル ね もkそり っとっとたじ もてそ
사실 내 목소리 떳떳하지 못해서
実は俺 声を大にして胸張って言えなくて

ぬぐんが ぬんちちぇルっか くぇんしり もkそりル のぴょっち
누군가 눈치챌까 괜시리 목소릴 높였지
誰かに気づかれるかと ワケもなく声を張りあげた

いごすル ぽそなご しぽ
이곳을 벗어나고 싶어
この場所から抜け出したい

なん ねが なろっそ さルご しぽ
난 내가 나로써 살고 싶어
俺は 俺が俺として生きたいんだ

と ぴごぺじぎ じょね こmもっき じょね
더 비겁해지기 전에 겁먹기 전에
卑怯な奴になる前に,怖気ずく前に

いじぇん なだpこ しぽ
이젠 나답고 싶어
俺らしくありたい

ちゃぐん こん もm そげぬん そろうmぐぁ
작은 콩 몸 속에는 서러움과
小っこい豆の体内には悲しみと

ぬんむル みょっ ぱうんうル
눈물 몇 방울
涙が数滴

くりご く ぴんなぬん みどぅむル っくろあんこ
그리고 그 빛나는 믿음을 끌어안고
そしてその輝く信頼を抱え込んで

きょんでぃぬん じゅん い すまぬん ぱむル
견디는 중 이 수많은 밤을
耐えてる途中 この数え切れない程の夜を


なるル みんぬん ごっ っくむル きょんでぃぬん ごっ
나를 믿는 것 꿈을 견디는 것
自分を信じること 夢を耐えること

ちぐめ ね ちょらはむん ちゃmし すちょがル っぷにらぬん ごっくぁ
지금의 내 초라함은 잠시 스쳐갈 뿐이라는 것과
今の自分のダサさは しばらくの間をかすめて行くだけだってことと

おんじぇんが もりル とぅりみルご そさなル こんちょろm
언젠가 머릴 들이밀고 솟아날 콩처럼
いつか頭を突き破って出てくる豆のように

っかまん ぽじゃぎ そk なん はのpし
까만 보자기 속 난 한없이
黒い殻の中 俺はただひたすら

と ちルぎょじご いっち
더 질겨지고 있지
もっと丈夫になるだろう


すむりルごべ ぐ ぱm
스물일곱의 그 밤
27歳の あの夜

むじゃkちょん ころっとん くなル ぱm
무작정 걸었던 그날 밤
むやみに歩いていたあの日の夜

かろどぅんあれ うどぅこに そ
가로등아래 우두커니 서
街灯の下 ぼんやり立ち尽くす

なん おでぃろ かルじど もるん ちぇ
난 어디로 갈지도 모른 채
俺は何処へ行っていいかもわからぬまま

すむりルごべ ぐ ぱm
스물일곱의 그 밤
27歳の あの夜

ね もすび ちょらへ
내 모습이 초라해
自分の姿がダサい

ぬぬル っとぅみょん っこk ちゃぴル ごっかた
눈을 뜨면 꼭 잡힐 것 같아
目を閉じると掴める気がした

あどぅかん く しじょル くなル ぱm
아득한 그 시절 그날 밤
遥か遠いあの頃 あの日の夜



はる きょんでょ っと はる せさんえ ぱっちゃk やごるんちぇろ
하루 견뎌 또 하루 세상에 바짝 약오른채로
一日を堪えて また一日 世界に腹を立てたまま

よんぎるル れぎん ひmどぅろっこ
용기를 내긴 힘들었고
勇気を出すのは難しくて

ぽぎらん まるん ちゃm しゅぃうぉっとん
포기란 말은 참 쉬웠던
諦めるなんて言葉は簡単だった

なん すっちゃるル せじ っこっこk すもら もりからk ぼいルら
난 숫자를 세지 꼭꼭 숨어라 머리카락 보일라
俺は数を数える *「しっかり隠れなきゃ見つかるぞ」
*かくれんぼの時の歌

おでぃろ のん すもっすルっか おでぃえ いっこん さんぐぁのpたご
어디로 넌 숨었을까 어디에 있건 상관없다고
君はどこに隠れてんのかな? どこにいようが関係ない

ちゃ はな とぅル せっ ねっ たし たそっ ねっ せっ とぅル
자 하나 둘 셋 넷 다시 다섯 넷 셋 둘
さぁ 1つ 2つ 3つ 4つ また 5つ 4つ 3つ 2つ

せさんうん なるル すルれら へ なん くれそ ぬん かりょっすル っぷん
세상은 나를 술래라 해 난 그래서 눈 가렸을 뿐
世の中は俺を鬼だと言う だから俺は目を隠す

はんってぬん へっかルりん ちょkど いっちまん
한때는 헷갈린 적도 있지만
あるときは混乱したこともあったけど

なん いじぇ かルきル かね
난 이제 갈길 가네
俺はもう進むべき道を行く

よルっかじ すっちゃるル せご ねいり どぇみょん
열까지 숫자를 세고 내일이 되면
10まで数えて明日になれば

なん と びんなね
난 더 빛나네
俺はさらに輝く

なぬん と びんなね
나는 더 빛나네
俺はもっともっと輝く


すむりルごべ ぐ ぱm
스물일곱의 그 밤
27歳の あの夜

むじゃkちょん ころっとん くなル ぱm
무작정 걸었던 그날 밤
むやみに歩いていたあの日の夜

かろどぅんあれ うどぅこに そ
가로등아래 우두커니 서
街灯の下 ぼんやり立ち尽くす

なん おでぃろ かルじど もるん ちぇ
난 어디로 갈지도 모른 채
俺は何処へ行っていいかもわからぬまま

すむりルごべ ぐ ぱm
스물일곱의 그 밤
27歳の あの夜

ね もすび ちょらへ
내 모습이 초라해
自分の姿がダサい

ぬぬル っとぅみょん っこk ちゃぴル ごっかた
눈을 뜨면 꼭 잡힐 것 같아
目を閉じると掴める気がした

あどぅかん く しじょル くなル ぱm
아득한 그 시절 그날 밤
遥か遠いあの頃 あの日の夜


2

Comment

  1. unoko

    unoko

    2015-02-03 (Tue) 09:28

    いつも早いアップありがとうございます!!私も韓国語を勉強しているのですがまだまだ1曲を全部和訳はできなくて…これからも勉強頑張ってこの「豆」のように上手な和訳ができるようになりたいと思います(*^.^*) 「豆」いい歌詞ですね◆
  2. けいぽっぱー

    けいぽっぱー

    2015-02-03 (Tue) 12:43

    上手だなんてそんな…😝💫笑
    だけどHIPHOPは難しいですよね↓↓
    私もまだまだ勉強しないとって思わされます(^-^)
    お互いに頑張りましょう♪♪

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop